*

吉高由里子 「花子とアン」起用はサザンのおかげ!

吉高由里子

「天真爛漫」、まさにそんな言葉がぴったりの吉高由里子。

落ち込んだ時に彼女を見ると元気になる、だけど疲れた時に見ると若干うざったく思う時もある(笑)

そんな、かなり個性の強い女優さんです。

最近では映画やドラマで過激な役どころから病気を患う役どころまで実に幅広い演技をし、これまでにも数々の賞を受賞。

今や若者の間では知らない人はいない程の人気がありますが、2014年春に放送されるNHKの朝ドラ「花子とアン」のヒロインを演じることによってその知名度は間違いなく爆発するでしょう!(うちの祖母〈93〉も吉高由里子の存在を知ることとなるのか~。なんだか変な感じ!)

ただし、良い意味で有名になるか、そうでないかははっきり言って微妙なところ。。。

というのも、吉高由里子のイメージが朝ドラとかけ離れすぎていて、放送前から早くも「低視聴率は確実!」だなんて言われてしまっているのです。

「そもそも何で吉高由里子なの?」

そんな声を多く聞きますが、それにはどうやら大人の事情があるらしいんですよね。

そして天然だ天然だと言われ続けている吉高由里子の性格も、どうやら作られた「キャラ」だなんて噂まであるんです。

【スポンサードリンク】

「花子とアン」のヒロインになれた理由は、やはり『実力』ではなかった!

春からの朝ドラのヒロインとして「吉高由里子」の名前を聞いた瞬間は、どこか腑に落ちない思いをした人も多くいるのではないでしょうか?

吉高由里子本人も

「私に“朝の顔”は似合うのだろうか」

と言っておりますが、やはり視聴者からしても、吉高由里子はあまり朝のドラマに出るイメージがありません。

例えて言うなら、三宅アナが「すぽると」から「めざましテレビ」のMCになった時の違和感に似てる!
c956e_97_c905064b_a8c8a15f

朝ドラというと、無名の新人がオーディションで勝ち抜いて、華々しくデビューを飾る、まさに女優の登竜門とも言うべき舞台だったと思うのですが、、、吉高由里子は前作の杏と同様、オーディションなしで直接オファーがあったといいます。

その理由として、他の作品で吉高由里子の演技力を見て満場一致で決まったんだとか。

しかしNHKたるもの、ヒロインを抜擢する際はその人の演技力のみで決めるというような事はしないはず、、、。

ましてや半年もの長い間放送される朝ドラなので、その間に何も「スキャンダル」が出ないような女優を選ぶのは大前提のはずです。

前作では放送中に主役の2人の熱愛報道が出てしまったので、余計ピリピリしていることでしょう!
20140114-00000052-dal-000-10-view

しかもNHKが吉高由里子の起用を決めたのが2013年3月、そしてちょうどその前の月(2月)には吉高由里子はロックバンド『RADWIMPS』の野田洋次郎とのお泊り報道がされたばかりでした。

そんな「スキャンダル」真っ只中での満場一致のキャスティングって時点で何だか裏がある気がしてならないのですが、調べてみるとやはりどうやらそこにはNHKと吉高由里子の所属事務所との秘密の交渉があったというのです。

ちなみに吉高由里子の所属事務所は「アミューズ」で、事務所内には福山雅治やポルノグラフィティ、三浦春馬などそうそうたる顔ぶれが揃っています。

アミューズと言えば、最近ではNHKの大河ドラマに福山雅治、上野樹里が連続して主演を務めるなど、とにかくNHKとの繋がりが濃いような気がしますよね~。

そして今回の、「花子とアン」の吉高由里子の起用、、、。

実は、それらの事は全て「サザンオールスターズを紅白に出場させる」というNHK側の最終目標が絡んでいるのだそうです。

sasfan_s_small0331

サザンはこれまでに3度紅白に出場したことがありますが、1983年を機にパタッと出場をしていません。

というのも、3度目の紅白の際に、桑田佳祐が三波春夫の格好で登場。

今考えると特に大きな問題のようには思えないのですが、当時は

「紅白を冒涜してる!」

「三波さんをバカにしている!」

などとかなりの批判(苦情)があったのだそうです。

ちなみに三波春夫とはこんな人
サザン、紅白、三波春夫

そしてその翌年はNHK側がサザンの紅白出場を一旦オファーしたのにもかからわず、急きょキャンセル。

その後、時代は変わりNHK側は再びサザンに紅白に出場してほしいと思うようになったのですが、今度はサザン側がNHKからの再三のオファーをことごとく拒否しているのです。

表向きには「カウントダウンライブを優先したい」「年末は家族を一緒に過ごしたい」などと理由を述べていますが(実際カウントダウンライブは行っていた)やはり一番の原因は、自分のやりたいことを我慢してまで紅白に出たくない、という思いから来ているような気がします。

桑田佳祐ソロでは2010年に紅白復帰しているのですが、、、
img_314131_63594178_0

とまぁ、こんな理由でNHKはサザンオールスターズの所属事務所であるアミューズに媚びを売っているというわけなんです。

アミューズとしても、やはり朝ドラヒロインというポジションはかなり魅力的。

アミューズといえばミュージシャンの活躍が目まぐるしいですが、最近は俳優や女優にかなり力を注いでいるとも言われています。

その中で、なぜ吉高由里子になったのか?

実は吉高由里子の他にも上野樹里や仲里依紗が候補として挙げられていたらしいのですが、上野樹里は現場での評判が悪い、そして仲里依紗は出来ちゃった結婚、とことごとく朝ドラのヒロインに適さなかった、、、

そして最終的に残った吉高由里子が抜擢された、と言われているのですが、もしこれが本当だとするとまさかの消去法ということになってしまうんですよね~(苦笑)。

しかし吉高由里子にとっては、ドラマ「ガリレオ」での役どころがかなり不評だったこともあり、そのイメージを挽回させるためにもうってつけのチャンス!

まさにアミューズとNHKの利害関係が一致したということになるんです。

しかし・・・果たしてこれで本当にサザンは紅白に出場してくれるのでしょうか?

噂では、NHKはサザンが紅白に出場するまでアミューズに気を使い続けるだろうと言われているので、もしかしたら今後NHKの番組はアミューズ所属のタレントだらけになってしまうかもしれませんね(笑)。

【スポンサードリンク】

吉高由里子の「花子とアン」、早くも不安の声!

もうこうなったら、吉高由里子は事務所のためにも自分のためにも頑張るしかない!

まさに今が一番の踏ん張りどころのはずなんですが、どうも吉高由里子の様子がおかしいと話題になっているようです。

というのも、「花子とアン」の撮影が始まった2013年11月から約10ヶ月ものあいだ、大好きなお酒と男を経つ様に言われているんだとか。

吉高由里子と言えば酒癖が悪いことで有名で、これまでにもお酒に酔った吉高由里子の自由奔放ぶりが何度も報道されているんです。

そういえばこんな事もありましたね!
吉高由里子、生田斗真

週に5~6日も撮影が入っているため、最近ではストレス発散のために甘いものを食べまくって若干ふくよかになってきている、なんて噂まであるほどなんです。

しかも、その禁酒&禁男は守らないと減給(!)までされると言われているそうなので、吉高由里子によってはまさに窮屈極まりない毎日を送っているに違いない・・・。

そして更に吉高由里子を悩ませている原因として、「視聴率」というものがあるのです。

前前作の「あまちゃん」、前作の「ごちそうさん」と高視聴率が続き、この勢いで高視聴率を取れれば問題ないのですが、逆に低視聴率になってしまうと吉高由里子の評判がガタ落ちするのは避けられないですよね、、、

※「純と愛」のヒロイン・夏菜は今や低視聴率のイメージがついてしまいました。
RCtzPnBPGcy8por_iSOEH_7

吉高由里子としてもそれがかなりのプレッシャーらしく(おそらく周りから感じ取る空気もあるのでしょう)、また最近では「花子とアン」の次回作で初の外国人が起用される、というニュースばかりが大々的に取り上げられており、余計プレッシャーになっているそうなのです。

そしてそれが原因なのかは分かりませんが、共演者の仲間由紀恵や黒木華との不仲説が伝えられるほどまでになってしまっているんです。(実際は現場の雰囲気はとても良いそうで、不仲説どころかみんなで女子トークに華を咲かせているんだとか。)

何だか、しょっぱなから怪しげな噂が飛び交っている吉高由里子。

一部では「アミューズのゴリ押しタレント」とも言われていますが、果たして吉高由里子を起用したことは吉と出るのでしょうか。。。?

それにはまず、やはり吉高由里子に対する世間の破天荒なイメージを打破する必要があると思います。

吉高由里子の本当の性格!

吉高由里子、性格

さて、吉高由里子といえばいつもハイテンションで(まさにトリスのCMのよう!)口を開けば突拍子もないことを言う「不思議ちゃん」な印象がありますが、実はそれは本来の性格ではないことが判明いたしました。

となると、計算、、、?

と思う人もいるかとは思いますが、決してそうではありません。

というのも、吉高由里子は周りから「変わっている」と言われ続け、そのようなイメージを持たれてしまっていることを悩んでいるのです。

そもそも少し人とは違った感性の持ち主ではありますが、最近では福田彩乃にモノマネをされたことで余計「吉高由里子」のイメージが本来の自分とはかけ離れてしまい、なかなか自分が出せなくなってしまったのだそうです。(しかしだからと言って福田彩乃の事を恨んではいないようです。)

そして、いつしか当たり障りのない、微妙なテンションで『上辺だけの発言』をするようになってしまったのです。

「自分のことを知ってもらおうとは思わないし好かれたいとも思ってないけど、その場に合わせようとする自分がいる。」

「自分が何を話しても、マスコミは面白おかしく取り上げるだけ。それなら当たり障りの無い、のらりくらりしたテンションで応対しよう。どうせ、ずっと関わって行く人たちじゃないから」

かつて吉高由里子はこんな事を言っています。

何だかとっても寂しい発言に聞こえるのは気のせいでしょうか、、、。

本人も、どこか「諦め」モードに入りつつも、やはりそんな状況が悲しいのか、ある日のツイッターで

「もう私の手の届かない所で私のイメージが形成されて誰かの中では完成されてるもう私よりもずっとその人と近く、長く。気が遠くなる程好きになってくれてもいいけどさ吐き気する程嫌いになってくれてもいいけどさ貴方の中で もうどうにでもしてくれてもいいけどさ 今私は何人いるんだろ」

とつぶやいたりもしています。(何だかちょっと病んでる?)

ともなると、テレビでのあのちょっとヘラヘラした感じの受け答えって、実は本来の自分を隠すための言動なのかもしれませんね、、、。

本当の気持ちは決して見せない・・・言われてみれば、そんな目してるかも。
吉高由里子、性格

やっぱり吉高由里子ってとても不思議な魅力の持ち主です!

意外にもみんなの予想を裏切って、朝ドラを成功へと導いてくれるのかもしれませんね。

【スポンサードリンク】


  • 管理人:ぱたた
    ゴシップ大好きな一児の母です。
    今後もどんどん独自の切り口で芸能人の噂を記事にしていきます。


PAGE TOP ↑